医薬品と珈琲の相性

医薬品と珈琲というと相性があまりよくないことで知られています。
これは、決して相性が悪いというわけではなく、珈琲に含まれている成分によって、医薬品の成分に悪影響を与える可能性があります。

珈琲にはカフェインという成分が多く含まれていることはよく知られています。
この成分そのものは日常生活の中のものにもよく含まれているために、医薬品との相性が決して悪いものではありません。
一方で、これ以外にも含まれている成分も非常に多くあります。
また、どのような飲み方をしているかにもよりますが、一般的にブラックで飲んでいる場合には胃の粘膜に負担をかける可能性があります。
このように胃の粘膜部分に負担をかけたり、それ以外の消化器官にも負担をかけてしまうと、その分だけ栄養の吸収が悪くなってしまいます。
吸収が悪くなってしまうと医薬品を服用してもあまり効果を得ることができません。

このような事情から珈琲と医薬品を同時に服用してしまうと相性が悪くなってしまうと言われている所以です。
ただし、この内容に関連しての科学的な分析結果などについてはあまり公表されていません。
そのため、絶対に相性がよくないかどうかを判断する根拠には乏しいものがあります。